小山の風俗・実はデリヘル激戦区

どうしてもひなびたというか、適度にさびれた感があるのが北関東地区。

とくに栃木県の小山あたりはそんな感じがある。

でもね、江戸時代は日光街道が通っていて、ここ小山は最大の宿だったわけ。

そのころは遊郭もあって、かなりにぎわった街だったらしい。

現在の小山の歓楽街にはその名残はないことはないんだけど、やはりさびれた感は否めない。

これは新風営法の影響もあるよね。

店舗型風俗はなかなか作るのが難しくなってしまったからね。

日本全国の「昔は栄えた歓楽街でした・・」的な街は軒並み、元気がない。

というか、アベノミクスも大した成果を出せずに、日本がまだデフレスパイラルから完全に抜け出したわけではないからね。

というと、なんだか小山の風俗ももう終わり・・・的なイントロになってしまったけれど・・・・いやいやそんなことはないんです。

「エロは強い!」「エロは滅びず!」そして「エロは世界を救う!」

そういうもんなんですよ。

こういう一見さびれたような歓楽街でも、裏ではデリヘルなどのデリバリー系風俗が隆盛を極めていたりするんだよね。

特に栃木県ではここ小山が元気がいい。

ググってもらえればわかるけど、県庁所在地の宇都宮に次いで、ここ小山はデリヘルが多いところ。

だいたい60~70のお店が存在する。

デリヘルの場合、事務所さえあればすぐ営業出来てしまうので、開店が簡単。

だからチェーン店も進出しやすいし、ここ小山はデリヘルなどのデリバリー系風俗の激戦区になってるんだね。

●参考サイト・・・>>小山の風俗店一覧